使いにくい人材と理念が『10万人に愛されるブランドを作る!』

『10万人に愛されるブランドを作る!』を読んだ。
ライフネット生命のマーケティングについて書かれた本だけれども、スターバックスのマーケティングについても書かれている。

「どこかに喫茶店、コーヒー屋さんはないだろうか?」
と店を探すことはしないでしょう。まず、
「最寄りのスターバックスコーヒーはどこだろうか?」
と探してくれるのです。

たしかに「スタバ」という単語をGoogle Mapに入れたことが何度か思い当たる。

スターバックスはコーヒー・ビジネスに非ず

え、そうなの?

実はスターバックスは、自らのビジネスを「コーヒー・ビジネス」とは一度も称していません。開業当初も今も、自らのビジネス「ピープル・ビジネス」と称しています。

そうだったのか!

「スターバックスでは「いらっしゃいませ」は、まず使われることはありません。なぜならその掛け声が、スターバックスの理念と合致しないからです。」

スターバックスには「『いらっしゃいませ』と言ってはいけない」というマニュアルはない

なんだってー!

「使いにくい人材こそ、採用したい人材だ」

来たれ、使いにくい人材。

尊敬するすごい人達と一緒に働きたいなあと思ったとき、思い浮かんだ人達は組織でおとなしく仕事するタイプではない。
「使いにくい人材」という言い方はすごくしっくりくる。

スターバックスとライフネット生命のマーケティング理念や実際に行われていることが書かれていて、読みながらアイデアも浮かんでくる、とても参考になる本だった。

10万人に愛されるブランドを作る!
中田 華寿子
東洋経済新報社
売り上げランキング: 194,583